上杉の歴史と舞台芸術を合せ持つ
博物館・文化施設
伝国の杜 Denkoku-no-Mori

| 日本語 |

| English |

| 中文(繁体字) |

| 中文(簡体字) |

| 한국어 |


Yonezawa City Uesugi Museum

展覧会一覧へ戻る

開館20周年記念企画展
「上杉家伝来能面・能装束ー語りはじめた面袋ー 」


宇宙の旅タイトル


ご来館の方へのお願い をご確認ください。

会 期:2021年10月16日(土)~12月8日(水)
休館日:10/27(水)、11/24(水)、12/6(月)
主  催 米沢市上杉博物館
特別協力 東京国立博物館
協  力 服飾文化共同研究拠点 文化ファッション研究機構 文化学園大学
     野上記念法制大学能楽研究所 共同利用・共同研究拠点「能楽の国際・
     学際的研究拠点」                  
助  成 公益財団法人カメイ社会教育振興財団(仙台市)
料  金:こちらをご覧ください。


 江戸時代、米沢藩主上杉家においては、幕府の式楽となった能楽に取り組み、二代定勝、三代綱勝、四代綱憲、八代重定の愛好ぶりが目立ちます。一時は蔵二棟に保管するほどのコレクションであった上杉家の能面や能装束などの能道具は、明治時代に入り、散逸してしまいます。かつてのコレクションを偲ばせる昭和4年撮影の古写真の存在は以前から知られていましたが、非常に精密な「写し」が大量に作られることが常であった能面だけを主体とする見方では、写真と実物を照合し上杉家伝来品であると同定することは困難でした。しかし、この古写真に能面とともに写っている『面袋』には、その材料となる染織の特徴や大名家コレクションの比較などから、面の旧蔵者をたどる上で非常に重要な情報が蓄えられていることが近年指摘されています。上杉家伝来『面袋』には一定の特色がみられることから『能面』と『面袋』の相関関係が明らかになってきました。  本展ではこれらの情報から上杉家伝来であることが新たに確認された能面と、明治期から昭和二十二年にかけて東京国立博物館に収蔵された上杉家伝来能面、能装束を里帰り展示し、上杉家能楽資料の現在と上杉家における能楽の歴史や能道具管理などについて紹介します。



■展示構成

 

Ⅰ 語りはじめた面袋
Ⅱ 上杉家と能楽
Ⅲ 上杉家の能面
Ⅳ 上杉家の能装束
  

■講演会「面袋はかく語りきー近世大名家の能道具ー」

   

講師:門脇幸恵氏(国立劇場調査養成部調査課調査係長)       

日時:2021年10月31日(日)14:00~16:00 
場所:伝国の杜2階大会議室 
定員:80名(要事前申込)※聴講無料 
申込受付:9月22日(水)9:00~ TEL:0238-26-8001        



■ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説) 


当館学芸員:花田美穂 
日時:10月16日(土) 17:15~  
場所:企画展示室(要入館料)
定員:20名 
※申込受付 9月22日(水)9:00~


■ワークショップ

 

「ナイトツアーようこそ夜の博物館へ お能のひ・み・つ」
日時:11月12日(金)19:00~20:30
対象:どなたでも(中学生以下は保護者同伴)
定員:20名
参加費:500円 
※申込受付 10月13日(水)9:00~


□置賜文化ホール事業

 

「能面から知る能の世界」
日 時:11月13日(土)14:00開演
全席指定2,000円 ※未就学児入場不可
チケット発売中(0238-26-2666)
※本公演のチケットをご提示いただくと本展覧会が割引になります。



■主な展示資料



能面 中将/萌黄地花唐草模様緞子面袋(表)/面袋裏/面当〔東京国立博物館〕 

                                                                          Image:TNM Image Archives



能面 弱法師/紺繻子地花卉模様面袋(表)/面袋(裏)/面当 〔東京国立博物館〕

                                                                     Image:TNM Image Archives


ステファン
厚板 濃緑地亀甲竹雀菊花模様(東京国立博物舘)

                                                       Image:TNM Image Archives

UDF
縫箔 白地花菱亀甲蒲公英雪輪草花模様 (東京国立博物館)

                                                              Image:TNM Image Archives

earth
上杉重定所用 紅茶白段唐鐶菱打板に紗綾型獅子花入亀甲文様厚板(当館)



料 金

種 別
企画展と常設展のセット料金のみ 
一般
700円(560円)
高校・大学生
450円(360円)
小・中学生
300円(240円)
( )内は20名以上の団体料金です。


伝国の杜・ナセBA連携企画 青少年・こどもの「まなび」応援

図書館利用者カード割引


 市立米沢図書館の利用者カードを米沢市上杉博物館で提示すると、
常設展・企画展とも入館料が割引になります(小学生~大学生対象。団体割引適用)。

市立米沢図書館のホームページは 
こちら をご覧ください。