座の文化伝承館からのお願い 


座の文化伝承館では、新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止対策のため、施設貸出しにあたって 一定の制限を設けています。利用されるみなさまには、次のことへのご理解とご協力をお願いします。
なお、この内容は新型コロナウイルス感染症の拡大状況などを鑑みて見直しを行う場合があります。
◆ご利用の前にこちらをご覧ください。  

                       2021/05/13更新

                                       


  

  5月15日(土)スタート!貴重書が目白押し!

 座の文化伝承館 蔵 自主事業

「シュルレアリスト浜田浜雄と本の世界
    ~本の装丁 デザインの仕事 蔵書~」

 

画家、デザイナ-として活躍した米沢出身の浜田浜雄(1915-1994)のアトリエには、戦前の貴重な書籍を 含む膨大な蔵書が残されていました。米沢市上杉博物館では、作品とともに寄贈さ れた浜田浜雄旧蔵書の整理を行っています。この展覧会では、既成概念にとらわれ ない自由な作品を制作し続けた浜田の豊かな発想の源となった多彩な蔵書と、浜田 自身が表紙や装丁を手掛けた本などを展示し、「本」を通じて作家の魅力を紹介し ていきます。

入場無料
会 期:5月15日(土)~31日(月) 
休館日:5/18、5/25
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30)

主  催:公益財団法人米沢市上杉文化振興財団



                        



座の文化伝承館 自主事業

「第30回市民茶会」  中止のお知らせ

 和3年6月20日(日)に座の文化伝承館で開催を予定していました「第30回市民茶会」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年度内の開催を中止します。
 なお、本館ならびに昨年リニューアルされた中庭の光悦寺垣を見学ご希望の方はお気軽にお問合せください。

市民茶会のお問合せ先:0238-26-2666
公益財団法人米沢上杉文化振興財団(市民茶会担当)



座の文化伝承館とは 




 

平成2年、上杉家16代上杉隆憲氏の旧邸定を譲り受けた米沢市では、 和風文化の活動に ふさわしい建物として内部を改造、さらに、本格的な数寄屋造りの茶室 を造りました。 これは、座って行う日本文化の伝承、推進を図ってもらおうと、水と緑の 城址整備事業 の一環として建設されてものです。 また、平成18年には、敷地内の2階建ての土蔵を改 築した、展覧会やコンサートなどに活用 できる『蔵』の利用も可能になりました。以下の目的で利用することができます。

開館時間:9:00~22:00
休館日 :毎週火曜日・12/28~1/4 その他施設整備日日

お問合せ
〒992-0052
山形県米沢市丸の内1-3-48 TEL:0238-23-8009



ご利用について 


以下の目的でご利用になれます。
①学術など向上のための集会
②郷土文化資料の研究・保存のための集会
③茶道・華道・碁・将棋・謡・俳句・書道・かるた・尺八・三味線・詩吟など
④前項①~③に関する展示、講習会など。

 

お申込方法 


利用する月の1年前から受付します。
使用料を持参のうえ、使用予定日の7日前までに座の文化伝承館へお申込み下さい。
使用の変更又は取り消しについては、使用日の5日前まで「使用変更(取消)許可申請書」をご提出いただきます。なお利用者の都合で使用を変更・取消する場合は、、使用料を返金できませんので、ご注意下さい。

◆館内案内図はこちらから

◆本館の各使用料はこちらから
◆「蔵」の使用料はこちらから