米沢市上杉博物館・市立米沢図書館[収蔵文化財総合データベース]詳細表示
閉じる
所蔵 上杉博物館
資料名フリガナ タチ  メイ     イチ  ヒメツルイチモンジ ツケタリクロウルシアイクチウチガタナコシラエ
資料名 太刀 銘  一(姫鶴一文字) 附黒漆合口打刀拵
資料群名 -
員数 1振
著名:  著名:
長さ 71.8
反り 2
指定 重要文化財
刃文
時代 室町時代
年代表記
制作年(西暦)
制作年(和暦)
年紀
解説  鎌倉初期に則宗を祖として興った福岡一文字派は、同中期にいたると 丁子を一段と意識的に表現し、大丁子・重花丁子・蛙子丁子等が入り乱れ 足・葉が加わり、豪華で絢爛たる刃文の成熟をみるにいたった。  この太刀は、上杉景勝が上杉謙信の多数の蔵刀のうちから優品三十五腰 を選んだ中の1つで、景勝が好んで佩用したと伝えられている。 鎌倉時代中期の福岡一文字派の作で、佩表目釘孔の上にのびやかな「一」 の字が鮮明にきられている。 鍛えに乱れ映りが立ち、刃文は華麗な丁子乱れを焼き、刃中も足・葉がよく 働いて、焼幅にめだって高低があり、変化に富んでいる。  附属の黒漆合口打刀拵は一文字派の名作として知られる「山鳥毛」の拵 同様に、鐔のつかない謙信好みの様式である。柄は藍韋平巻、鞘は黒漆塗 り、栗形は尖り、返角は極端に棟に寄る。 目貫の位置は表裏同じ所に据えられており、この様式も「山鳥毛」と同じである。
備考 97012
資料ID A1997-008
分類 刀剣